フォトアルバム

なかのひと

373news.com

google Search

  • Google
    blog.ganymean.org
    WWW

Google Analytics

Railo3.3のエクステンションの日本語化

Railo3.3の日本語化でプラグイン表示用言語ファイルの日本語対応をしないと、日本語でWebAdministratorにログインしようとするとエラー画面が表示される旨を紹介しました。

同様に、日本語でServerAdministratorにログインしようとするとエラー画面が表示されることがあります。
原因は、機能拡張(エクステンション)プラグイン表示用言語ファイルの日本語対応にあります。

ダウンロードした言語キーファイルを以下のディレクトリにアップロードしてください(オリジナルファイルのバックアップをお忘れなく!)。

WebAdministratorのプラグインと同様に、以下の言語ファイルに日本語対応キーを追加してください。

MonitorMemoryの例:{railo-server}/context/context/admin/plugin/MonitorMemory/language.xml

{railo-server}:/opt/railo/lib/railo-server/


Railo3.3.4の日本語化

Railo3.3.4がリリースされました!

遅れませながら、3.3.1の日本語対応ファイルをリリースします。

日本語表示用言語ファイル(ja.xml)を以下のリンクからダウンロードしてください。

ja.xmlをダウンロード

ダウンロードした言語ファイル(ja.xml)を以下のディレクトリにアップロードしてください。

{railo-web}/context/admin/resources/language/

※{railo-web}は、デフォルトで 'WEB-ROOT/WEB-INF/railo' になると思います。

Railo3.3の日本語化

Railo3.3がリリースされましたね!

でも、日本語対応がコミットされていない、私がさぼっていたから・・・

ということで、3.3.1の日本語対応を急遽行いました。

前回の記事で、ログイン後にエラーが出る問題も今回あわせて原因がわかりましたので、まとめてご紹介しておきます。

1.日本語表示用言語ファイル(ja.xml)

 日本語表示用言語ファイルを以下のリンクからダウンロードしてください。

 ja.xmlをダウンロード

 ダウンロードした言語ファイル(ja.xml)を以下のディレクトリにアップロードしてください。

 {railo-web}/context/admin/resources/language/

 ※{railo-web}は、デフォルトで 'WEB-ROOT/WEB-INF/railo' になると思います。

2.プラグイン表示用言語ファイル(language.xml)

 railoには2つのプラグイン(Note/Simon)があります。

 日本語でのログイン後にエラーが出るのは、プラグイン内のlanguage.xmlに日本語表示用言語キーを追加していないことが原因でした。

 各プラグイン用言語キーファイルを以下のリンクからダウンロードしてください。

 Note  Note.language.xmlをダウンロード

 Simon  Simon.language.xmlをダウンロード

 ダウンロードした言語キーファイルを以下のディレクトリにアップロードしてください(オリジナルファイルのバックアップをお忘れなく!)。
 
 Note {railo-web}/context/admin/plugin/Note/language.xml

 Simon {railo-web}/context/admin/plugin/Simon/language.xml

Railoの日本語化(その②)

日本におけるRailoユーザの皆さま、お待たせしました。

Railoの日本語化 でご案内したRailo管理画面の日本語化がほぼ完了しました。
バージョン3.2.1.000で問題なく動作しております。
バージョン3.3.0以降は言語プラグインのバグでログイン直後にエラーが一旦表示されますが、まもなく解消されると思います。インストーラの日本語化とあわせて、ColdFusionコンパチのRailoを利用する方々が増えることを願っています。

画面イメージはこんな感じです。

■サーバ管理画面

Railoserveradminlogin

Railoserveradmintop

 

■Web管理画面

Railowebadminlogin

Railowebadmintop

YAMAHA YBR250 & 南薩ツーリング

約11年乗ったHONDAのFTR223が悲鳴をあげるようになったので、バイクを買い換えることにしました。

そして選んだのは、YAMAHAのYBR250。
日本では生産されていないバイクでお隣り中国からの輸入になるのですが、国内では40万円弱で販売されています。登録費用含めて45万円程度みたいなので、思い切って購入しました。

バイクショップは、鹿児島大学と紫原にショップ2店を持つ、「ライダーズショップ フリーダム」さん。オーナーの出口さんは、とてもざっくばらんな方ですが、仕事へのこだわりはスゴイの一言です。先日も、私の友人の子供のスクータを修理するために、わざわざ鹿屋まで出張修理に行ってくれました。

話が脇道にそれましたね。本題に戻して、私の購入したYBR250は、レッドタンク。こんな感じ!

Dvc00115

先週の土曜日、慣らし運転を兼ねて南薩一周ツーリングに出かけてきました。
ツーリングコースは、自宅の谷山をスタートして、松元、日置、加世田、大浦、笠沙、野間池、坊津、枕崎、頴娃、開門、指宿、喜入を経て、自宅に戻るおおよそ220kmです。

大浦は、今年になって二度にわたり海岸に鯨(くじら)が漂着したことでニュースになりました。
ふれあいパーク大浦内に建立された座礁くじら記念碑で休憩。。。

Dvc00114

 

次に立ち寄ったのは、片浦漁港。アラカブが釣れそうな気配。次はロッド持参で!

Dvc00111

その次に立ち寄ったのは、野間池漁港手前の地磯?北風が吹きすさぶ中、数名の釣り師がクロ釣りを楽しんでいました。

Dvc00110

そして、野間池漁港内にある笠沙恵比寿。すばらしい建築だけど、なぜか風景から浮いている感じがします。

Dvc00109

野間岬ウィンドパークから外洋を望んだところ・・・磯釣りの姿が見えます。

Dvc00108

笠沙美術館(黒瀬展望ミュージアム)からの沖秋目島の展望。

Dvc00107

Dvc00106


続きを読む »

ログイン

  • コントロールパネルへのログイン
    アカウント:

    パスワード:

更新ブログ

最近のトラックバック

Google

Powered by Six Apart
Member since 04/2005